疑問解決!初めてのハイフ

トップ > ハイフの豆知識 > ダウンタイムが起きづらくコラーゲンも増やしてくれるハイフ

ダウンタイムが起きづらくコラーゲンも増やしてくれるハイフ

美容クリニックで顔に対する施術を受けた後は、生活が若干制約されてしまう事があります。
その理由はダウンタイムです。
その制約があるかどうかは、クリニックを選ぶ基準の1つになります。
多くの女性の方々は、顔に関する悩みを抱えています。
顔のたるみや大きさなどの悩みを抱えている方も多いですが、美容クリニックで手術を受けてみれば、その悩みが解消される事も多いです。
ただ手術を受けた後には、色々な症状が出てしまう事があります。
顔の一部が腫れてしまったり、一時的にむくんでしまう事もありますから、注意が必要です。
ただ、その症状は長期的に続く訳ではありません。
手術を受けた後に体が回復するまでは、一時的にその症状が出てしまう事はあります。
それがダウンタイムです。
普段と見た目が少し変わってしまいますから、日常の活動が若干制約されてしまう事もあります。


ところで美容クリニックによっては、ハイフによる治療を受ける事ができます。
肌の深い部分に対して超音波を照射する治療ですが、それには上述のダウンタイムに関するメリットがあります。
他の方式と違って、ダウンタイムは殆どありません。
人によっては、稀に肌が若干赤くなる事はありますが、事例は極めて少ないです。
ましてハイフによる治療の場合は、傷を付けてしまう事は一切ありません。
メスなどを使って治療を行う訳ではありませんから、安心感を覚えている方も多いです。
それとハイフは、コラーゲンに関する美容効果も期待できます。
美容に関心がある方々は、コラーゲンを増やそうと思っている事も多いです。
コラーゲンには肌の保湿効果もありますし、アンチエイジングのためにコラーゲンのサプリなどを服用している方も少なくありません。


ですがサプリという方法は、効果は若干限定的であると言われています。
というのもコラーゲンという成分は、体の中で作られているからです。
もともと体内にある細胞は、色々な美容成分を作り出す働きはあります。
その自力で作ったコラーゲンは美容効果を発揮しやすいですが、経口摂取したサプリの効果は限定的です。
ですから体に対して働きかけて、コラーゲンの生産能力を高める必要があります。
その方法の1つが、上述のハイフです。
ハイフは、超音波が放出されるマシンを使用して、治療が行われます。
超音波が肌の深い部分に照射されると、若干の熱エネルギーが生じます。
それが肌にある細胞を適度に刺激して、コラーゲンの生成を促してくれる訳です。
ですからコラーゲンを増やしたい時は、ハイフによる治療も前向きに検討してみる価値があります。

▲ ページトップへ